21世紀の新しい資産運用のカタチ
ウェルスナビ
ロボアドバイザーで効率よく簡単に資産運用を開始できる!!
BCH基軸のCoinEx
2018年 注目取引所
評判・登録・使い方
Arrow
Arrow
Slider

【考察】大手・大企業は仮想通貨市場に参入して何をしたいのか?

クリプトリーマン
今年に入り日本の大企業も続々と仮想通貨市場に参入してきました。もちろん理由は”儲かるから”なのでしょうが、彼らは一体仮想通貨市場で何がしたいのでしょうか?取引所がやりたいだけ?

2018年の仮想通貨市場の注目動向は「大手・大企業の参入」

business insiderより

2017年突如急成長した仮想通貨市場は最高94兆円の市場規模にまで急拡大しました。投機的動きであったとしても仮想通貨とブロックチェーン技術といった新技術にこれだけ注目が集まったことは異常現象で奇跡だと考えられますよね。

大企業やアナリストたちはIoTやAIという分野に関心を寄せていましたが、詐欺とまで言われた仮想通貨への注目がこれだけ大きくなるともは無視できないようで、IT系・金融の大手企業を中心に続々と仮想通貨市場に参入しつつあります。

大企業の参入の仕方

  1. 金融庁への仮想通貨交換業者の登録
    【保存版】大混戦模様の仮想通貨業界全覧——新規参入は「100社待ち」とも
  2. 仮想通貨交換業者登録済み企業の買収
    ヤフー、仮想通貨交換に参入へ 登録業者に資本参加
    マネックスがコインチェック買収発表
  3. ブロックチェーンの研究組織を立ち上げる
  4. 仮想通貨メディアの設立
  5. ICOの検討

なぜ大企業が仮想通貨市場に参入するのか

  1. 儲かりそうな市場だから
  2. ブロックチェーンの有用性に気づいた
  3. 将来のビジネスの種にするにはブロックチェーン技術を取り込む必要がある
  4. 様々な情報のプラットフォームプレイヤーになりたい

大企業は仮想通貨市場で何がしたいのか

  1. 取引所・販売所ビジネス
  2. 取引所システムのOEM
  3. 仮想通貨メディア
  4. クライアンへのブロックチェーンソリューションのコンサルビジネス
  5. ビッグデータを改ざん不可能な形で収集してAIで分析するビジネス
  6. 自社の仮想通貨を発行することで、円に左右されない経済圏の構築

大企業の参入は何をもたらすのか

  1. 市場の健全化
  2. 投資家保護が強化される
  3. コンプライアンス意識の向上
  4. 機関投資家による投資
  5. 一層個人情報が一企業に集中する

まとめ

様々な可能性を述べましたが、間違いないのは資金が豊富な大手・大企業主導で市場が淘汰・形成されていくのでしょう。

The following two tabs change content below.
クリプトリーマン
クリプトリーマン
メーカーで経理をしている仮想通貨投資家です。仮想通貨で資産は8倍になりました。渋谷のnem barによくいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です