21世紀の新しい資産運用のカタチ
ウェルスナビ
ロボアドバイザーで効率よく簡単に資産運用を開始できる!!
BCH基軸のCoinEx
2018年 注目取引所
評判・登録・使い方

今、bitbank取引所が急速に人気になっている理由

Arrow
Arrow
Slider

【ICO禁止へ】中国政府が国内のICOを禁止、過去のICOも調査へ

仮想通貨暴落

こんにちはクリプトリーマンです。

今日の仮想通貨相場は多くの通貨で暴落が起きました。

コインチェック銘柄はもちろんBittrexでも約200ある銘柄のほとんどがマイナスとなりました。

ツイッターでも悲鳴と驚きが広がっておりました。

中国人民銀行がICOを禁止へ

原因としては、中国人民銀行(PBoC)がICOを禁止したためです。
以下、中国人民銀行の発表
http://www.pbc.gov.cn/goutongjiaoliu/113456/113469/3374222/index.html

  1. ICOのプロジェクトはほとんどが詐欺である
  2. 今後すべてのICOは禁止
  3. ICOという資金調達は違法行為である
  4. 過去に行われたICOも遡及的に調査する
  5. 中国政府が投資家保護のためICOを管轄管理するシステムを作る
  6. 9月4日に中国にある仮想通貨取引所は政府に状況報告の義務あり

以下、ツイッター情報です。

以下、ニュースソースです。

中国人民銀行(中央銀行)はイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を違法と位置付け、関連する資金調達活動全てを即時停止するよう通達を出した。

  人民銀はICOを実施してきた組織と個人に対する調査を完了したと説明。こうしたファイナンス活動は金融秩序を乱すとし、禁止すべきだと規定した。

www.bloomberg.co.jp

finance.caixin.com

みなさんが取ったほうがいい行動

中国の仮想通貨取引所にある資金を別の国の取引所に移したほうがいいかもしれません。

今後の調査や規制強化、投資家の資金引き上げにより取引所の運営が危うくなる可能性もあります。

私も先程、中国の取引所からアメリカの取引所に資金を送る処理をしましたが、正常に送れるか分かりません。

中国政府の狙い

中国政府の狙いは、
表向きは投資家保護ということですが、実際には

  • コントロールできない不明瞭な資金の流れを断ちたい
  • 海外のICOにより国外に資金が流出することを防ぎたい

ということだと思います。

現状、次々と中国向けのICOサイトが閉鎖されているようです。

価格の下落は一時的なものかと思います。仮想通貨市場は今後も成長し続けるでしょう。
ICOはまだ今年に入って盛り上がりを見せ始めたばかりなのに、
中国人民銀行の動きは素早いと感じました。
以前から仮想通貨に関して情報収集や分析をしていたのでしょう。

これは私の推測ですが、
中国は仮想通貨市場やICO市場を通じて世界経済への影響力を高めていきたいと考えているのではないでしょうか。

将来的には、仮想通貨が経済活動において重要なツールとなることは明白です。

そのためここで新しく成長している仮想通貨産業を潰してしまうことありえず、おそらく早い段階でコントロール下において競争力ある中華系仮想通貨を育てて世界経済への影響力を拡大したいと考えている可能性もあります。

東南アジアや中央アジアなどの地域において貿易決済通貨としての仮想通貨導入を目論んでいたりして・・・・・。

それでは。

The following two tabs change content below.
クリプトリーマン
クリプトリーマン
メーカーで経理をしている仮想通貨投資家です。仮想通貨で資産は8倍になりました。渋谷のnem barによくいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です