21世紀の新しい資産運用のカタチ
ウェルスナビ
ロボアドバイザーで効率よく簡単に資産運用を開始できる!!
BCH基軸のCoinEx
2018年 注目取引所
評判・登録・使い方
Arrow
Arrow
Slider

大企業(メーカー)の経理のメリット・デメリットと向いている人とは

大企業(メーカー)の経理の特徴・性質とは

2018.08.15

今回は大手メーカーの経理のメリット・デメリットをご紹介し、さらに向いている人の傾向を取り上げたいと思います。

大企業(メーカー)の経理のメリット・デメリットと向いている人とは

大手メーカー経理のメリット

大人数と関わりながら仕事やプロジェクトができる

大企業だと様々な業務で大金を使いながら多くの部署や人と協議と調整、合意を経て仕事を進めていきます。

特に決算やITシステムの導入・改修で、それらを経験することができます。

若手だととても気を使い、色々な人に聞きながらゆっくりと物事を進めていくことになり疲れますが、上手く回りだした時自分の成長を感じることもあります。

一つの分野の会計知識を深めることができる

大企業の経理や会計分野ごとに機能別に部署が構成されているため、自分が担当となった業務について深く知識をつけることができます。

私が担当している生産コストを計算する業務は前提として様々な業務を積み重ねてから取り掛かるため、どこかの作業で遅延やミスが起きれば他部署の上司や同僚からどのように対応すればよいか聞かれることがあります。

そうなるとより業務の因果関係を学ぶことができ、成長スピードが早まります。

やはりもまれたほうが成長しますね。

監査法人と折衝する経験が積める

上場企業だと会計士監査があり、決算時は財務諸表や会計関連の資料を提出し、内容の説明や会計処理の妥当性について根拠を提示します。

事業部の人たちも監査に出席し、事業活動においてどのようなことが発生したから該当の会計処理を行ったのか具体的な説明が求められます。

監査の場では、発言や根拠に曖昧さがあると会計士から突っ込まれます。

さらに「費用的に安いから」などという説明は不適切会計の疑念を持たれる可能性があるため身長差が求められます。

あと若手はだいたい監査の議事録を作成することになるので、正確に議事録を書けるようになるために早めに話しについて行けるようになりましょう。

たまに地方の工場に行ける

大手メーカーと言えば、巨大な工場を持っていることが特徴です。

本社にいると生産現場のことを見たり聞いたりすることはなかなないので、棚卸しや打ち合わせで行けるチャンスは貴重ですよ。

お客さんを連れて泊まりで地方の工場に行くときは地元の名産品を接待交際費で食べることができるため、大きなメリットです。

大手メーカー経理のデメリット

幅広く会計知識を身につけるには時間がかかる

上でも述べている通り、大企業の経理では一つのことを突き詰めて深い知識は身に付くかもしれませんが、幅広く会計の知識を実務を通して身につけるのであれば時間がかかります。

浅く広くか、深く狭くか

これはどのような経理キャリアを歩みたいかによりますね。

全体作業に遅れやミスが出た時に調整とリカバリーにエネルギーを使う

大人数で決算作業をしていると遅延やミスが起きると、その調整とリカバリーにエネルギーを使います。

調整力が身につくと言えば聞こえはいいかもしれませんが、見えづらいスキルで文句も言われたりするので疲れますね。

承認を取ることに時間がかかる

これは大企業あるあるですが、業務改善やイレギュラーな事態が発生した場合の対応などの承認を取ることに時間がかかります。

さっさと進めたいところですが、上長の承認がなければ動けないので説得力と話の進め方の戦略をよく考えながら仕事をしましょう。

会計は保守的な性質があるため、仕事の仕方も保守的になりがち

会計には保守主義という考え方があります。

保守主義の原則

企業の財政に不利な影響を及ぼす可能性がある場合には、これに備えて適当に健全な会計処理をしなければならない。

ウィキペディアより

つまりはリスクに備えることが求められているということです。会計処理の方法に一貫性があることも求められます。

そのような性質がある業務であることから、やっていくうちに思考が保守的になることがあります。

先輩や上司は長く経理を経験し責任も重いため自然と保守的な思考になっているように見え、新しいことに否定的であったもします。

これは仕方のないことでもありますが、常に改革意識を忘れないようにして仕事に取り組むようにしなければなりません。

大手メーカー経理に向いている人

私が思う大手メーカーの経理に向いている人は以下のような傾向がある人かなと思います。

  1. 安定志向な人
  2. 大人数で仕事をしてみたい人
  3. 事務職や定型業務が好きな人
  4. 営業や総務などのその会社でしか通じない仕事より、専門業務に就きたい人
  5. 直接顧客と接することが苦手な人

最後に

上記の情報がこれから経理に就く方の参考になれば幸いです。

自分の性格や興味があることと向き合いながらメリット・デメリットを参考にしてみてください。

もし何か質問があれば私のツイッターに何でも質問してください!!

クリプトリーマンのツイッター

The following two tabs change content below.
クリプトリーマン
クリプトリーマン
メーカーで経理をしている仮想通貨投資家です。仮想通貨で資産は8倍になりました。渋谷のnem barによくいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です