QUOINEXに登録方法
2018年 注目取引所
評判・登録・使い方
21世紀の新しい資産運用のカタチ
ウェルスナビ
ロボアドバイザーで効率よく簡単に資産運用を開始できる!!
Arrow
Arrow
Slider

【ICO】Celsius(セルシウス) – ウォレット型の借入貸出プラットフォーム

クリプトリーマン
今回はウォレットに暗号通貨を預けることで利子を得ることができるCelsiusというICOをご紹介します。

Celsiusとは

Celsiusとは、ブロックチェーンによる分散型の借入貸出サービスです。

イメージとしてはウォレット型の銀行のようなものです。

Celsiusの特徴3つ

  1. ユーザーはCelsius Walletに預け入れた暗号通貨の量に応じて最低5%から最大9%の利子(Celsius Degree Token(CEL))を得ることのできる世界で初めての暗号通貨ウォレット
  2. Celsius Walletに預け入れた暗号通貨はCelsius Networkを通じてただちにネットワーク上で他のユーザーが借入れやショート(空売り)に利用可能になる
  3. Celsius Walletに暗号通貨を預け入れているユーザーはその額に応じてUSD の借入れを行うことができ、現金が必要なメンバーは将来的 に値上がりする可能性のある暗号通貨を手放すことなく現金を手にすることが可能となる

Celsius Degree Token(CEL)とは何か

  1. Celsiusにおいて利子の支払手段として利用される
  2. グローバルでサービス展開するには共通の通貨が必要
  3. Celsiusの利用が拡大すると暗号通貨の売買を増やし大量の取引生むため、取引所のビジネス拡大にもつながりCELの上場できる可能性が高まる

Celsiusがブロックチェーンを活用することで実現される世界

  1. 従来的な金融機関による中央集権的な信用格付けからの脱却
  2. ブロックチェーンに記録されるユーザーの預入・貸出・借入・返済などの履歴から信用が作られる
  3. 個人間での貸出・借入が可能になる
  4. ブロックチェーン上のCelsius Degree Token(CEL)を用いることで利子の支払いを瞬時に行うことができる
  5. 預け入れられたままだった暗号通貨資産が投資に活用できるようになる
  6. 空売りを狙って暗号通貨を借り入れたヘッジファンドから利子を取ることができる

Celsiusで貸し付けた債権が不履行となったら?

Celsius Network上で暗号通貨の貸付を行うユーザーの貸付金債権が不履行となった場合は、Celsius自体が保有する資金(手数料から捻出)によってただちに補填され保護をうけられる。

Celsiusの収入源はなにか

Celsiusは会費や決済手数料という形ではなく、 それぞれの貸借の際に発生する利子に応じて手数料を課します。貸付を行うユーザーは年間の利子率は最低5%を保証する。

Celsiusの開発スケジュール

  • 2017年3月:コンセプト完成
  • 2017年5月:チーム結成
  • 2017年9月:ホワイトペーパー (バージョン1)完成
  • 2017年9月:テクノロジーチーム 採用と開発開始
  • 2017年10月:テクノロジーペー パー発表
  • 2017年10月:BlockConでのプ ロジェクト公表
  • 2018年12月:プライベートのプ レセール開始
  • 2018年1月:ウォレットBetaリリース
  • 2018年3月:パブリッククラウドセール開始
  • 2018年 Q2:アルトコインの追加
  • 2018年 Q3:アプリ内でのコインの借入れとCELの 売買開始
  • 2018年 Q4:Celsiusメンバーによるドル通貨レンディング開始
  • 2018年 Q4:マイクロレンダーのサードパーティー の統合
  • 2019年 Q1:公開

ファウンダーのAlex Mashinskyの略歴

  • 連続起業家でニューヨークをベースに7社の企業を創業
  • 累計で$1B以上 の資金調達と$3B以上のEXITを経験
  • 2000年以降にベンチャーキャピタル の支援を受けたニューヨークのスタートアップのEXIT時の時価総額トップ10 のうち2社を同氏が創業した企業
  • Arbinetは2004年に約$750M の企業価値で上場
  • Transit Wirelessは$1.2Bの評価を得た

クリプトリーマンがCelsiusに質問したいこと6つ

  1. 預入の暗号通貨を担保にドルを貸し出すというが、担保の暗号通貨の価格が急落すれば回収しきれず大きな損失が発生するリスクへの対応策は?
  2. どんな人がこのようなCelsiusを利用したいのか?
  3. 借り手の返済については、銀行との提携が必要になると思う。どの銀行と提携するのか?
    提携済みならそのエビデンスも見たい。世界中で利用可能な銀行なのか。
  4. ホワイトペーパーの11ページにあるユーザーによるコンセンサスとはどのような仕組みなのか。
  5. Celsiusが発行するクレジットとはどのようなものか。celsiusによる借り手への信用格付けならば既存の銀行の融資システムと変わらないのではないか。
  6. 利子が5-9%と魅力的だが、その財務モデルが知りたい

リンク情報

The following two tabs change content below.
クリプトリーマン
クリプトリーマン
メーカーで経理をしている仮想通貨投資家です。仮想通貨で資産は8倍になりました。渋谷のnem barによくいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です